医院紹介

院長ご挨拶

地域のかかりつけ医として
皆さまとご一緒に「治療」と「予防」を。

野村医院は昭和38年に当地に開業し、初代院長、野村弘が外科医としての腕を揮うと同時に、地域の皆様方の家庭医、今でいうかかりつけ医として医療を行わせていただいてまいりました。

私は2007年より大学を辞し、父とともに野村医院の診療を行う予定でおりましたが、院長の体調不良、病気療養により、6月16日より医院を継承し院長として働くこととなりました。私の専門は整形外科ですので今後は整形外科および運動器リハビリテーションを主体として、同時に父が生涯を捧げたかかりつけ医として皆様のお役に立てればと考えております。

医者にかかるというのは病気になったとき、怪我をしたときというのが普通です。しかし、これから求められるのは病気にならず、元気に生活していくということをいかに維持していくかということが大切です。健康診断で見つかった小さな異常や、昔からあるからしかたないと思っている腰痛など、悪くなってから直すのではなく、ぜひ一度チェックをしてみてはいかがでしょうか。若いから大丈夫、年をとったから膝が痛いことや腰が痛いことは当たり前と思わず、いかに元気に体を保つかという気持ちが大切です。
ぜひお気軽に御相談いただき、皆様とご一緒に治療と予防を行っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

野村医院 院長 野村 武

院長 野村 武

院長略歴

  • 1986年:東海大学医学部卒業

  • 1993年:東海大学医学部整形外科学助手

  • 2003年:東海大学医学部外科学系整形外科学講師

  • 2004年:東海大学医学部付属病院整形外科病棟医長

専門医等

  • 日本医師会認定産業医

  • 日本整形外科学会認定専門医
    脊椎脊髄病医
    スポーツ医
    リウマチ医

  • 日本骨粗しょう症学会認定医